忘れられないためには、情報発信を頻繁にする

情報を、発信することは自分自身を伝えるためと、忘れられないためです。



忘れられることはある


お店を開けたいのに、閉めなければならない。

営業に行かなければならないのに営業に、行けない。

そのようなことが起きてしまうと、お客様に忘れられてしまわないかどうか不安になると思います。

断言します。お客様は忘れてしまいます。

あれだけ通っていた、飲食店。あれほど好きだったブランド。音楽。

どんなに好きなことでも、気が付いたらその好きだったことも忘れているということが、誰にでもあるのではないしょうか。

人間は忘れやすい生き物です。

絶対に忘れない。一生好きでいる。でも気が付いたらそんなことでさえも忘れてしまうのです。


忘れられないためには、発信をすること


忘れやすいのが人間です。

そして、気が付いたら忘れているというこが多い。

その人間の特性を知っているのであれば、忘れられないための情報を発信するべきです。

メールマガジンを定期的に送る。

TwitterやLINE@などで、タイムリーな情報を発信する。

HPやブログを発信する。YouTubeなどの動画で伝える。

いま取り組んでいることを、一所懸命に取り組んでも発信しなければ、誰にも伝わりません。

伝えることにも一所懸命になれなければ、忘れられてしまいます。


伝える頻度は、多くていい


ひとは、一度伝えるくらいでは、認識することはありません。

また、どれだけ行きたいところ、やりたいことでも、いつか行こう。いつかやろうとしている間に、何年も過ぎてしまうことさえ珍しくないです。

そうすると伝えたいことがあるならば、発信し続けなければなりません。

年に一度よりも、月に一度。

月に一度よりも、週に一度。毎日。

それくらい発信してもほどんど気が付いてもらえません。

しかし、自社の商品、サービスを忘れないでいてもらうためには、発信し続けるべきです。


【おわりに】

世の中には、形式上、看板を掲げている、HPがあるなどは多いですが、タイムリーに発信しているところは非常に少ないと思います。

お客様に忘れられるのが心配。

そう感じるのであれば、色々なツールを使い情報発信をするべきだと思います。


【一日一新】

あるセミナー

Pocket

タイトルとURLをコピーしました