いつの時代も音楽を聴くだけで、テンションは上がる。ボヘミアンラプソディを観に行こう。

私は何かあれば、音楽をかけて自分のテンションを高めています。

 

 

以前、アメリカのアリー my Loveというドラマで、主人公のアリーが人生にはテーマソングが必要だというシーンがありました。

 

音楽を聴いただけで、それだけで落ち込んだ気持ちを持ち上げてくれたり、楽しい気持ちをさらに楽しいものにしてくれます。

 

好きな音楽のジャンルは、ヘヴィ・メタル

 

なかでも一番好きな音楽は、メタルといわれる音楽です。

他の音楽よりもテンポが速くて、重厚なサウンドと、突き抜けるようなヴォーカルのハイトーンがたまらなく好きです。

ただ、メタルのジャンルは、一般の音楽シーンからするとニッチなものになっています。

ましてや、日本のメタルシーンは、雑誌やラウドパークというメタルフェスティバルの出演者を見ていても、かつて、流行っていたものという印象で、最近のバンドが大々的に取り上げられるということが少ないと思います。

そんな私が、ここ最近聞いているメタルバンドを紹介します。

 

スウェーデンのDegreed

 

 

スウェーデンのH.E.A.T

 

 

スウェーデンのART NATION

 

 

アメリカのHelestorm

 

 

 

どんな時代にもいい音楽はある

メタルというと、激しすぎてなかなか聴く気にならないということもあると思います。

メタルはそのジャンルの中でも、色々と細分化されており、本当に激しくてテンポの早いものから、シンプルにかっこいいロックまでかなり広い幅があります。

昔はいい音楽があったけど、いまは昔のもののパクリばかりで、いい音楽がないということは、間違いです。

いまの時代にもいい音楽はたくさんありますし、本気でいい音楽を作ろうとしている人たちの音楽を聴けば、自分の人生も開けていきます。

いつも、いつの時代も音楽がそばにあれば、人々を勇気づけてくれる。

音楽とは不思議なものですね。

 

【おわりに】

QUEENの映画、ボヘミアンラプソディが楽しみです。

301 Moved Permanently

 

【一日一新】

らんまん食堂

みなとみらいディズニーストア

Pocket

タイトルとURLをコピーしました