独立したらリスキングは毎日やろう

独立をしたら、リスキング(学び直し)は毎日やっていきましょう。


@たまプラーザ駅


勤めているとリスキングしなくてもやり過ごせる


リスキングとは「学び直し」という意味で、

「いまの仕事を続けながら、じぶんのスキルを継続的にアップデートしていくこと。」を指すといわれています。

とはいっても、勤めていると「リスキングなんてしなくてもなんとかなる。」ということもあるもの。

たとえば「銀行に入社(入行)して2ヶ月目の新人が、格付けをして融資稟議書が書ける。」のに、

「融資稟議書を書くどころか、決算書も読めない約席がいる。」

というように時代について行けず、

「リスキングができていない従業員。」というのは、どんな会社にもいたりしますよね。

このような場合には「時代に合わせて再活躍してほしい。」と会社が予算を組んだとしても、

「リスキングなんてしなくても、じぶんは逃げ切れる。」と考えるひともいることでしょう。

なので、勤めている場合には「リスキングしなくても何とかなる。」といえるかもしれません。



独立をしたらリスキングは必須


独立をすると、

「勤めている会社から社員研修などのリスキングの機会がある。」ということはなくなります。

そうすると、自らリスキングをしていかなければ、

「いつの間にか必要ない存在になっている。」ということにもなりかねません。

リスキングをしていないから、

「連絡はFAXで。」

「ZoomのIDが欲しいならFAXで。」

「予約の受付は電話で。」

ということを言い出すのでしょう。

このようなことをしていると「いまさらFAXや電話なんて、やる気なくなっちゃうよなぁ。」

と、お客様を逃してしまうこともあるかもしれません。

なので、独立をしたら「一国一城の主だから。」とじぶんに驕ることなく、日々リスキングをしたほうがいいといえます。


独立をすると毎日リスキングできる


独立をすると「リスキングしていかないと、お客様に見向きもされなくなる。」といえます。

「何かを学ぶためには情報を絞ったほうが、より強みは磨かれる。」

といったことを聞くこともあるかもしれません。

たしかに、学ぶためには情報を絞ったほうがいいこともあるでしょう。

とはいっても、じぶんを解放するためには、

「情報の渦にあえて飲み込まれていく。」というリスキングも必要だといえます。

たとえば、普段のリスキングだと、

  • 日経新聞、毎日新聞、WSJを読むリスキング
  • Feedlyでweb情報などを読むリスキング
  • Dマガジンで雑誌を読むリスキング
  • コミックDAYSで、カバチタレやジャイアントキリング、グラゼニを読むリスキング

といった学び直しをしています。

また、仕事中には、

  • Google Nest HubでYoutubeを常時つけながらリスキング
  • Amazon Echo Showでradikoを聴きながらリスキング
  • Anker Nebula Capsule ⅡでNetflix、DAZN、Disney+のどれかをつけながらリスキング

といったように、仕事中にはこの3つをすべてつけながら学び直しの体験を逃さないようにしています。

「こんなにつけてうるさくないの。」

と聞かれれば「うるさくてもリスキングする価値がある。」と考えています。

「見ないよりは見る。」

「聴かないよりは聴く。」

というリスキングが、独立をすると「じぶんで選びながら。」できるようになります。

このようなリスキングを毎日行うことで、じぶんの実力は積み上がっていくといえるでしょう。


リスキング予算を決めてリスキングする


独立をしたら強制的に学び直しができるように、

「リスキングにかかる経費は、研究開発費(R&D)。」として予算を決めてみましょう。

たとえば、Huaweiは売上高の16%ほどを研究開発に使い、Appleは7%を研究開発に使っているようです。

「いやいや、いまや無料で何でも手に入る時代だから、リスキングに予算なんて必要ないよ。」

ということを思うかもしれませんが、本当に必要なリスキングにはお金がかかるものです。

なので、リスキングは必須の研究開発費として、毎月予算を決めて投資をしていきましょう。

わたし自身も「月商の10%はリスキング投資にあてる。」と考えて学び直しをしています。

「じゃあ、リスキングには何が効果的なのか。」といえば、やはり読書だといえます。

読書をすることで、

「著者の人生を追体験できたり、いままで知らなかった情報を手に入れる。」ことができるもの。

そんな本の読み方としては、「熟読よりも多読。」というスタンスでいきましょう。

「世界中を震撼させた。」ようなベストセラーを読んだとしても、

「その1冊だけではすべてを学び直すことも難しい。」ですし、理解できない部分もあるものです。

それが、多読をすると「以前読んだ本はこのようなこと言っていたのかぁ。」と理解できることも増えていきます。

また「セミナーを受けて人生が変わった。」といっても、読書をしていない状態で受けるセミナーでは、

「簡単にセミナー主催者に騙されてしまう。」ということもあるものです。

セミナーというのは「200ページの本でいえば、20ページほどの情報量。」だといえます。

だからこそ「セミナーに行って人生を変える。」のではなく、

「読書をしてリスキングしていたものに対して、セミナーを受けてさらに知識を上塗りする。」

というように「読書を中心にした先にセミナーがある。」というスタンスで、リスキングをしていきましょう。


まとめ


独立をしたら、じぶんに驕ることなくリスキングは毎日していきましょう。

そのリスキングの基本は、読書を中心としていくべきかなぁと。


【おわりに】

神奈川県内の海水浴場もすべて閉じてしまうようです。

遊ぶ場所がなくなっていくのは、やるせないですよね。。。


【一日一新】

マイナンバーカード申請

Pocket

タイトルとURLをコピーしました