倒産する理由で一番多いのは、販売不振

人生を掛けた戦い、起業。

しかし、思いも儚く倒産する場合もあります。



近年の倒産件数は、減少していた


中小企業白書によると企業の倒産件数は、2009年から10年ほど減少傾向にあったそうです。

しかし、2019年は11年ぶりに倒産件数が前年を上回りました。

ただそれでも、2019年の倒産件数自体は1990年以降の30年間で3番目に少なかったようです。

また、規模別に倒産件数をみると倒産件数の大部分が小規模企業が占めています。

ここでいう小規模企業者とは、主に従業員数が20人以下の企業を言います。

従業員数が少ない状態、または従業員を雇っている小規模な企業が倒産しやすいと言えるのでしょう。

日本の企業は99.7%が中小企業ですが、そのうちの大多数が従業員数20人以下の小規模事業者になります。


倒産の原因の一位は販売不振


倒産の原因の一位は販売不振となっており、倒産の状況の約70%を占めています。

販売不振とは、おそらく売上高が使った経費よりも少ない状態をいうものだと思います。

売上高が足りず、経費よりも下回って赤字になっている状態だと永続的な経営というのは難しいと言えます。

売上高を上げるには、

売上高=顧客数✖️顧客単価✖️購入頻度

となる計算式のどこに手をつけるかを考えなければなりません。

計算式で書くと簡単に見えますが、経営の難しい側面として全てを上げていくのは難しいという部分があります。

さあ顧客単価を上げよう。

とすると、購入頻度が下がり、顧客数も下がることが起きたりします。

なら顧客数を上げよう。

とすると、顧客単価を下げて、その商品を買える顧客層を増やす戦略を取るようなことになります。

このどの部分に手をつけるのかが大切です。

大切ですが、非常に難しいことになります。

しかしまずは、顧客単価を上げるのか、どこを上げるのかの手を付けようとする部分を決めることが大切です。

どこを戦略として重視するのかの経営をしなければ、販売不振の状態から抜け出すことは、より難しくなってしまいます。


1日1回は営業をする


倒産の多数を占めるのが、小規模企業者です。

そして、倒産理由の圧倒的一位が販売不振による倒産。

そうすると考えられることは、規模が小さいために市場にいるはずの顧客にほとんど知られていないため、事業が行き詰まってしまうということ。

自社の商品・サービスへの認知度が低いため、売上高が思うように伸びずに経営が行き詰まる。

その影響で、倒産をするということが考えられます。

販売の不振を避けるためには、知ってもらうために積極的に営業活動をするべきです。

世の中には、良いモノだけど売れないという話しで溢れかえっています。

「なんで良いモノなのに売れないんだろう。」

「これだけ質の高いサービスを低価格で提供しているのに、なぜ売れないのか。」

答えは簡単です。

その良いモノや質の高いサービスだと、ほとんどの人に気づいてもらえないからです。

販売不振に陥らないために、じぶんや自社を知ってもらうための営業活動を、最低でも1日1回はする。

小規模な組織や、ひとり組織ほど知ってもらうための営業活動は欠かせません。

これを怠ると、販売不振ですぐに倒産してしまいます。

どう創るかという製造の部分と、どう販売するのかという営業面を考えて販売不振の状態から逃げていくべきです。

そのためにまずは、最低1日1回の営業活動を行いましょう。


【おわりに】

最近は、熱中症で亡くなる人の方が新型コロナウイルスで亡くなる人よりも多いそうです。

どうみても日本の夏は、温暖で過ごしやすいとは言えない状況ですよね。


【一日一新】

YouTube premium

Pocket

タイトルとURLをコピーしました